中古住宅売買時のインスペクション

2018年4月1日より宅建業法が改正され、中古住宅売買時にインスペクションの説明が義務になりました。

インスペクションとは

インスペクション(建物状況調査)とは、売買しようとする中古住宅について、蟻害や腐朽、腐食などの経年劣化により構造安全性や雨漏りなどに防水性が損なわれていないか、現況調査を行うものです。また調査結果は、将来的な維持管理のための情報としてもご活用いただけます。

1.媒介契約締結時
宅建業者がインスペクション業者のあっせんの可否を示し、媒介依頼者の意向に応じてあっせんします。
2.重要事項説明時
宅建業者がインスペクションの結果を買主に対して説明します。
3.売買契約締結時
基礎、外壁などの状況を売主・買主が相互に確認し、その内容を宅建業者から売主・買主に書面で交付します。

インスペクションのメリット

売主様が依頼する場合

  • 売りたい住宅について詳細なチェックを受けることで、建物の状態を正しく把握できる。
  • 引渡し後の買主様とのトラブルや不慮の出費を未然に防ぐことができる。
  • 買主様の不安が軽減されるので。売却しやすくなる。
  • 調査で見つかった不具合を補修してから売ることで、売却後の安心につながる。

買主様が依頼する場合

  • 専門家がチェックすることで、購入予定の住宅への安心感が増す。
  • 修繕の必要な箇所が分かるので。購入後の適切なメンテナンスの見通しが立つ。
  • 診断結果(報告書)は資産価値を保つための記録として残る。
  • 既存住宅瑕疵保険の付保が可能かどうか判断できる。

オーダーメイドハウス

オーダーメイドハウス もっと詳しく見る

リフォーム

リフォーム もっと詳しく見る

耐震診断・補強

耐震診断・補強 もっと詳しく見る